スマイスターTOP > スマイスターのブログ記事一覧 > 大宮駅東口複合施設「大宮門街」とは?施設の概要やテナント情報をご紹介!

大宮駅東口複合施設「大宮門街」とは?施設の概要やテナント情報をご紹介!

カテゴリ:スマイスターコラム

大宮駅東口複合施設「大宮門街」とは?施設の概要やテナント情報をご紹介!

2022年4月、大宮駅東口に「大宮門街(オオミヤカドマチ)」という複合施設が誕生しました。
大宮門街は、オフィスや商業施設、公共施設などが導入される大型の複合施設として注目されています。
今回は、大宮周辺に賃貸物件をお探しの方に向けて、大宮駅東口複合施設「大宮門街」についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

大宮駅東口複合施設「大宮門街」の概要について

大宮駅東口複合施設「大宮門街」の概要についてご紹介します。
「大宮門街」という名称には、「東日本の玄関口となる大宮駅から氷川神社の参道へ続く『門』の役目をもち、いろいろな施設が集まった、一つの『街』のような存在でありたい」という想いが込められているそうです。
地下3階、地上18階建てのタワービルには、4階から8階まで「市民会館おおみや」の役割を受け継ぐ「RaiBoC Hall(レイボックホール)」があります。
10階~18階まではオフィスエリア「大宮門街SQUARE」、1階から6階まではレストランや商業施設ももうけられています。
商業施設は2022年4月に一斉に開業する予定でしたが、資材不足などの影響により、開業スケジュールが見直されました。
2022年4月以降、開業準備がととのった店舗からオープンする予定です。

大宮駅東口複合施設「大宮門街」のテナント情報をご紹介

では、大宮門街のテナント情報についてご紹介します。
1階から6階までの商業フロアの面積は、約12,000㎡です。
「大宮門街EAST」と「大宮門街WEST」の2つのフロアがもうけられ、あいだに吹き抜けのある「門街広場」があります。
2022年3月、みずほ銀行大宮支店が移転オープンし、2022年4月に大宮大門町郵便局がオープンしました。
そして、2022年6月下旬、大宮門街EASTの1階に首都圏を中心に展開しているスーパーマーケット「ザ・ガーデン自由が丘 大宮大門店」がオープンする予定があります。
今後は、いくつものクリニックや飲食店、ドラッグストアなども徐々にオープンする予定です。

●所在地:埼玉県さいたま市大宮区大門町二丁目118番地
●最寄駅:JR線「大宮駅」東口より徒歩4分
●駐車場:あり(地下1~3F)

大宮駅東口複合施設「大宮門街」のテナント情報をご紹介

おすすめ物件情報|大宮の物件一覧

まとめ

大宮駅東口複合施設「大宮門街」の概要やテナント情報についてご紹介しました。
今後も大宮門街の商業施設が順次オープンすることで、大宮駅東口にさらなるにぎわいをもたらすことが期待できます。
大宮周辺に賃貸物件をお探しの方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。
スマイスターでは、大宮区・町田市・荒川区・横浜市・市川市・藤沢市・立川市など、豊富にご紹介しております。
ご希望する間取りやこだわりたい設備などございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|市川市でおすすめの歯科クリニックは?診療の特徴やアクセスをご紹介!   記事一覧   東京都町田周辺にあるこだわりのコーヒーがおすすめのカフェ2選をご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約